防犯対策の強化は小学生を子供に持つ 親の義務

近年、子供を巻き込んだトラブルが多発しています。追い回しや連れ去りなど子供に危険が及ぶ犯罪が多発しており、子供を持つ親としては大変心配でしょう。特に、登下校や放課後に友達と遊ぶ場合は、子供だけで外出する機会が増える小学生は特に注意が必要です。今まで親が常に一緒だった環境から、子供自身が開放的になり、不注意になりやすいからです。そこで、小学生を子に持つ親は特に防犯対策の強化が義務になります。家庭内で子供だけでの外出時の注意点を洗い出し、明確にしましょう。子供と一緒に話し合い、ルールを決めるのも良いでしょう。また、子供任せにするのではなく、特に低学年のうちは、大人の見守りも大変重要な役割になります。大人が近くにいるだけで、犯罪に巻き込まれにくくなります。自分の子供は自分で守りましょう。

子供の防犯対策「いかのおすし」を覚えよう

小学生の防犯対策について話が出る時に、よく聞かれるのが「いかのおすし」という標語です。これはどんな状況に注意が必要で、どんな対応をしなければいけないかを分かりやすくまとめたものです。「いか」は知らない人に付いていかない。「の」は知らない人の車に乗らない。「お」は大声で助けを呼ぶ。「す」はすぐに逃げる。「し」は危険な目に合ったら大人に知らせる。このように子供も大人も「いかのおすし」を認識しておく必要があります。しかし、いくらこの標語を覚えていても、実際に危険な目に合ってしまったら、冷静な判断ができない可能性もあります。大声で助けを呼ぶこともためらってしまうかもしれません。外出時は防犯ブザーの持参も必須になります。防犯ブザーが無い場合は、笛でも構いません。犯罪者は大きな音を嫌います。

子供と一緒に考える防犯対策について

小学生の子供自身だけが防犯に注意するのではなく、必ず親も一緒になって防犯について考えることは大変重要なポイントです。例えば、子供の行動範囲の把握は万が一、いなくなってしまった時など、捜索がしやすい為です。必ず行動範囲を親子で決めておきましょう。そして、その行動範囲内の危険な個所の洗い出しも一緒に行いましょう。危険な場所として挙げられるのは、人通りが少なく、見通しが悪い場所。そして、駐車場も意外と死角が多い為危険です。木が生い茂っていたりして、周りから見えにくい公園も注意が必要です。普段は何とも思わない場所も、危険が潜んでいないか今一度家族で話し合ってみる事が大切です。一見、子供自身の問題に見える防犯ですが、多くは親の責任です。普段から親子で防犯意識を高める事が必要です。