唯一無二の法被をつくる
2017.03.10

一生懸命の人々お祭りやコンサート、よさこいなどのイベントで着られることが多い法被。最近では、簡単に脱ぎ着ができて、サイズもフリーサイズなので男女問わず誰が着てもOKという手軽さから、販促イベントや企業の展示会ブースなどでも取り入れられています。既製品を買ってきて着用するだけでもいいのですが、ちょっとひと手間かけて、オリジナルの法被を作成してみてはいかがでしょうか?最近ではネット通販を利用することで、既製品を買ってくるのと変わらないくらいの手間で、オリジナルの法被を制作することができます。

1、一番手軽なオリジナル法被 既製品に名入れ
一番手軽にオリジナル法被を作成できる方法は、既製品のなかから、好きな法被を選んで、それに社名や町会名、イベント名など指定の文字を入れてもらう方法です。法被の商品ラインナップから好みのものを選んだら、文字加工のフォントを選んで、注文するだけです。たったこれだけで、数日後には既製品とは一味違った、オリジナル法被が手元に届きます。法被と文字のフォントを選ぶだけなので、通販気分で簡単に注文することができますよ。

2.既製品の法被にワンポイント加工
既製品の法被から好みのものを選んだら、背中や両襟など好きな位置に、ロゴマークなどをワンポイントで加工します。ワンポイントを入れたい場所と、ロゴマークや文章など入れたいデザインを決めればOKです。ベースの法被が既製品だから失敗の心配がありません。オリジナルのワンポイントが入ることで、手軽だけど一気にオーダーした感が高まります。

3.フルオーダー法被にチャレンジする
生地や法被の形から自分で決められるフルオーダー法被。フルオーダーというと敷居が高く感じますが、デザインテンプレートがダウンロードできたり、困った時には、その道のプロである担当者に相談したりしながら決められるので、安心して唯一無二の法被を作ることができます。フルオーダーなら、法被の色や形、サイズも選べるし、写真やグラデーションカラーなどの繊細なデザインを入れたり、全面刺しゅうで高級感とインパクトを出したりといったこともでき、自分のイメージ通りの法被を作り出すことが可能です。イメージ通りに完成した、オリジナルの法被を着れば、テンションがあがりそうです。

オリジナルの法被は、意外と簡単に作ることができます。既製品をベースにしているものなら、普通の通販と同じ感覚でオーダーできてしまうので、イベントなどで法被の購入を検討しているなら、ぜひオリジナル法被の作成をおすすめします。ワンポイントの加工があるだけでも、既製品とは違ったインパクトがあります。

▲ ページトップへ