オリジナル法被の良さ
2017.03.10

お祭りお祭りや販促イベント、よさこいやコンサートなどで着用される法被。誰でも一度くらいは着たことがあるのでは?そんな以外と身近な法被ですが、最近ではネット通販で簡単にオリジナルの法被が作れます。デザインから全てオリジナルでも、既製品に名前をプリントする形でも、思った以上に手軽に作れるので、イベントの時には、オリジナル法被を作ってみてはいかがでしょうか。ここでは、オリジナル法被の良さをご紹介します。

1.目立つ
法被を着るのは、お祭りやイベントなど目立ちたい時だといえます。オリジナル法被ならカラーやデザインも自由に決められるので、派手な色使いや、オリジナルのロゴマークで注目の的になれること請け合いです。また、コンサート用では、推しの名前やキャッチフレーズを背中一面に入れれば、しっかり目立って印象に残るのでおすすめです。

2.絆が深まる
事業所や町内会などのみんなでお揃いの法被を着れば、否応なく仲間意識が生まれてきます。それが一からデザインを考えたオリジナル法被ならなおさらです。お揃いの法被を着て、お祭りやイベントを盛り上げていけば、グループ全体に連帯感が生まれ、絆が深まります。

3.世界に一つのオリジナル
オーダーメイド法被なら、法被の全てをデザインすることができます。生地選びから、法被の長さや、袖の形、全体のカラーやデザイン、文字入れの内容まで、自由に選んで、世界に一つのオリジナル法被を作成することができます。

4.簡単に作れる
全てデザインするのは難しそうな気がしますが、通販で作成する場合には、デザインのもとになるテンプレートを提供してもらえたり、実物のサンプル貸し出しがあったりするので、それを元にしてデザインを決めていくことができます。それもハードルが高いなら、既製品の中から、好きな形や色の法被を選んで、そこにロゴマークや町会名、イベントの名前を入れるだけという作成方法もあります。この方法なら、既製品がベースなので、オリジナル法被を一から作るよりもずっと簡単で、価格も安く作れるのが魅力です。

5.コスパ抜群
オリジナルで作る法被は、オーダーメイドなだけに価格が高いイメージがありますが、作る枚数やプリント方法、既製品をベースにすることで、1000円台から作成することができます。一度作った法被は、その後も数年に渡って使用することが可能なので、コスパ抜群の販促グッズだといえます。

オリジナル法被の良さについてまとめてみました。オーダーメイドというと敷居が高い気がしますが、通販でも電話やメールを利用して、プロに相談しながらデザインすることが可能です。一度作ってみると、思った以上に手軽なので、お祭りや販促イベントなどで採用してみてはいかがでしょうか。

▲ ページトップへ