小学生を見守る地域力防犯対策の強化

お子さんが小学生になると、子供だけで登下校するようになりますが、保護者としては子供だけで通学することで犯罪に巻き込まれないか不安を感じることもあるでしょう。お子さんが犯罪被害に合わないためには、防犯対策を行うことが大切になりますが、どのような防犯対策を行えばいいのかわからないという方もいるでしょう。そのために防犯ブザーなどの防犯グッズを始め、防犯サービスを活用したりとさまざまな方法がありますが、それとともに重要なことが地域での大人の見守りです。子供の登下校時などの通学路での見守りや防犯パトロールをすることで、子供が犯罪に巻き込まれる確率が抑えられる場合も多くあります。では、保護者の立場として子供の防犯対策には、どのようなことがあるのでしょう。今回は、大人が見守る小学生の防犯対策について見ていきましょう。

小学生の防犯対策に通学路を確認する

小学校に入学するときなど、どのような場所を通って通学するのか保護者として気になるところです。地域や学校によって、近所の小学生で班になって登校するところもあれば、一人ひとり個人で通学するという学校もあります。どちらの場合でも、通学路を確認することはとても重要です。お子さんが小学生になったときには、自宅から学校までの道のりを一緒に歩いてチェックしていきましょう。通学路の途中の交通量、一人になる場所があるかどうか、人気のない所があるのかどうかなど、お子さんが危険に巻き込まれる箇所があるかどうかを一緒にチャックし、お子さんと話し合いながら注意する点を確認していきましょう。また、防犯グッズをお子さんに持たせる場合、防犯グッズの使い方や電池の量などもこまめに確認しておきましょう。

小学生の防犯に不可欠な地域での見守りとは?

防犯グッズ以外にも、小学生が犯罪に巻き込まれないために重要なことが、地域での大人の見守りといった行動です。地域での大人の見守りとは、具体的にどのようなことがあるのでしょう。まず、お子さんが通学するとき、通学路での見守りパトロールが挙げられます。通学路でも危険が考えられるような場所で子供たちに声をかけたり、子供たちと挨拶を交わすことも地域での見守りとして大切な行動になります。また、PTAなど小学生の保護者だけではなく、地域の住民が団結して行動することで犯罪を防ぐ力になります。学校以外で出会う近隣の大人の顔を知ることで、何らかの犯罪に巻き込まれそうになったときに子供たちが逃げこむことができます。防犯グッズやサービスも大切ですが、地域力での防犯対策にもしっかりと力を入れるようにしましょう。