小学生 防犯

地域の小学生を守る防犯体制の確立

小学生の子供をお持ちの親たちは、通学の際や遊びに行く時、親の目が届かない場所に子供がいるという事に不安を覚える事も多いでしょう。特に入学したばかりの新一年生に関しては、今まで目の届く場所にいたのですから、不安は大きいですね。そして、ニュースで子供が被害に遭ったり不審者が出たという情報があろうものなら、その不安に拍車がかかりますね。実際に子供に防犯を持たせている人も多いでしょう。しかし当の子供たちは特に不安がらずに遊びに出たがります。そうした中で子供たちを守れるのは、もちろん親や周りの大人たちです。子供たちが自分の身は自分で守るという意識を持つ事も当然大切な事になりますが、それに加えて大人たちも子供たちを見守るという姿勢が大切になってきます。ですので、子供に持たせる防犯グッズと、大人たちでできる防犯対策についてお話ししていきます。

子供に持たせる防犯グッズについて

小学生に持たせる防犯グッズと言えば、定番は防犯ブザーですね。大きな音を出して相手を威嚇、逃走させる為のものです。ですから、購入する時は音の大きさには注意してください。あまり大きな音が出ないものだと、意味がありません。また、すぐに止められるものは、相手に止められてしまう可能性もある為、簡単に音が止められないタイプのものを選びましょう。子供が持ちやすいという事も、選ぶ基準になりますね。もうひとつ防犯グッズを挙げるとするならば、GPS機能という事になります。今は携帯電話や防犯ブザーにもGPS機能がついているものがあります。これがあれば、子供の位置情報が簡単に確認できます。何処にいるかがわかれば、安心ですね。しかし、いずれにしても子供たちが常に持っていなくては意味がありませんので、注意が必要です。

大人ができる子供の防犯対策について

では、大人ができる小学生の防犯対策は何があるでしょうか。通学時の見守りはほとんどの学校で行っていますね。保護者が交代で行なう所もあります。大人の目がある事で、未然に犯罪を防ぐというのは、非常に効果的です。また、通学路をしっかりと決め、守らせる事も大切です。通学路は大人の目が届く場所にし、人通りのある所を選ぶ事も大切です。更に言えば、子供が何かあった時に駆け込める場所というものも確保しておくといいですね。コンビニやお店がある場合は、そこにお願いしてもいいでしょう。人によっては自宅を子供の避難場所としている場合もあります。小学生になれば、親がずっと付き添っているわけにもいきません。子供たちの事は、地域の大人たちで守っていく必要が出てきます。ひとりひとりが少し気に掛けるだけで違ってきますので、通学している子供たちを見かけたら少し気にかけてくださいね。